安心して独立するために 備えれば怖くない!デメリットからリスクを考える

独立時の心構えと求められる能力

エンジニアとして企業に勤め続けるよりも独立してフリーランスエンジニアとなりたいと考える人は大勢います。その魅力となるのは自由の獲得と年収の高さであり、束縛を受けずにやりたいことを追求していけることに魅力を感じて独立を決意するエンジニアが増えているのが現状です。
しかし、企業に勤めるエンジニアとフリーランスエンジニアとでは求められていることが違うことを理解してデメリットも考慮した上で独立を行うことが欠かせません。
企業においては実力重視という状況があり、適材適所で限られた仕事を高い能力を持ってこなせれば活躍することができます。けれど、独立することによって単独の能力をもって仕事を行うことが基本になるため、クライアントから求められている能力があることが必要になるのです。
それに加えて重要になるのがコミュニケーション能力であり、クライアントがストレスなくコミュニケーションをとれることが実感されなければ他のフリーランスエンジニアに仕事を獲得されてしまいがちです。
また、仕事の内容に関して要望やクレームをつけられることも多く、それに対して柔軟性を持った対応ができることが必要になります。
こういった求めに応じる必要が生じるのが企業勤めとの違いであり、デメリットと感じる場合には適していないと言えるでしょう。しかし、求めに応じていくことに魅力を感じる人にとっては独立することがメリットにもなるため、エンジニアとしてどのように力を発揮していきたいかを考えることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です